デリヘルは女の子が帰るまで楽しもう

"「風俗を利用したところでただ虚しくなってしまうだけじゃん」と考えている男性も多いかと思います。
しかし風俗というのは、現実ではなかなか満たすことの出来ない最高の快楽を味わうことが出来るのです。
プレイ後にあなたが『また是非とも遊びたいな』などと伝えるだけで、きっと女性も大喜びしてくれることでしょう。
なので最後はお互い気持ちよく別れるように貴方がリードしてあげることが大切なのです。

 

女性の中にはお客さんに満足してもらいたいということだけを思いつつ、うっかりと忘れモノを残してしまうことがあります。
プレイ後に退室をする時には『忘れ物無い?』などと声をかけてあげましょう。デリヘルでのお楽しみが終了したらうだうだしていてもどうしようもありません。
最後は女性とのプレイの余韻を楽しみ、軽くイチャイチャしながら別れを惜しむようにしましょう。"



デリヘルは女の子が帰るまで楽しもうブログ:09-5-21

読者様は、
「人のからだは、何にも勝るすばらしいデザインである」
という話を聞いたことがありますか?

それは外観だけではなく、
内臓や骨格といった大きなものから、
組織・細胞にいたるまで…

あたくしたちがお母さんの胎内で
この世界に順応できるようなからだになって生まれてくるそのプロセスも、
誰一人として同じものが無い…

そのこと自体が
既にすばらしい自然なのではないでしょうか?

進化を重ねたあたくしたちのからだは、
どんなに優れたヒューマノイド(ヒト型ロボット)でも再現することは不可能、
とも言われているのですが、
そんなからだを持っていることに、普段はなかなか気づくことはありません。

これは、何かの機能が低下していたり無かったりする場合も同じで、
普段から実に巧妙なバランスを持っているな…と
あたくしは思うんです。

あたくし自身、左の足に幼児期の怪我の治癒痕があり、
そのことに伴い、少々の不自由さがあるんですが、
からだはその不自由さを実に上手にカバーしていて、
私の左右の足のサイズや形に結構な差があることは
一見わかりにくいようになっています。

ですが、
長年の気づいていない「微調整」は、
少々からだに齟齬をきたしていて、
その意味でもからだは絶妙なバランスを持っているとも思います。

あたくしだけではなく、
何らかのハンディを持っておられる方はどうも、
からだ全身のバランスをとても巧妙に保つようになっていたり、
足りない機能を他の器官で
(例えば視覚が不自由な場合には、耳が鋭いといったような…)
感覚を補っていることも多いようですね。

本当にあたくしたちのからだって、すばらしいのです!